独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
お奇術

ルーティンは必要だろうか。

3個ボールのカスケードが出来るようになったからといって人前でボールジャグリングをやるだろうか。普通はしないだろうな。
ある程度ルーティンができるようにならないと。
マジックの道具とか単発で何のつながりも無くてもやっちゃうんだよね。まるでマジックショップの商品紹介のように。

世界の山ちゃんでマジックショーが見れる。期待はしていなかったが、予想以上にしょぼい。
箱に入れたものが消えて、もう一度開くと出てくる。それだけ。箱に入れたものが消えて、全く違う場所から出てくるとかならまだいいんだけど。
あるいは空の箱から何かが出てきて、それを使った奇術を演じいつの間にか箱に戻ってるとか。

マジック道具でもはじめからある程度手順が作られてるものなら使い勝手がよい。カードやコインなら手順も作りやすいだろう。
中には手順が作りにくい変なものとかもあるでしょ。 ボルトが小さくなるやつとか。小さくして、それで?ってなっちゃう。
のろいのわら人形とか瞬間芸で他に使い道ないと思ってたけどメンタルマジックの演出道具にしてる人がいて面白かった。
とても怪しい雰囲気をつくってはった。ただ、こういうのが面白いって思うのは玄人目なのだろうか?
一瞬で終わるネタを並べていくと30分やるのに何個いるんだろう?結局たくさんやりすぎると全体のまとまりもなく何をやってるのかわけの判らないショーになってしまう。
だからといって長い手順を作るのも良くない。いやはや難しい。




本日の一コマ
P1080643.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/382-8b36efbc
該当の記事は見つかりませんでした。