独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館でみたアジア映画

捜査官xが意外と面白かった。



ドニーが出てなかったら完全にスルーしてたんだけど。
ピーター・チャン監督ってのも実は全然しらない。以前見た「孫文の義士団」のプロデューサーらしいけど。
この二つの作品に共通してるのが、前半と後半で違う映画になっちゃうってことか。
前半部分はミステリーな感じですが。ドニーが出てれば最後はアクションになるんだろう。
八星抱喜みたいに全くアクションのない映画もあるんだけどね。
ベティ・ウェイ改めクララ・ウェイと王羽が出てきて、新旧のアクションスターって。
ドニーはもう若手じゃないやろ・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
ドニーや金城武のファンからしたら変なおばちゃん、おじちゃんやんね。
王羽
王羽が2回ジャッキー・チェンと競演してるけど、ジャッキーファンからしたら誰やねんって感じやった。
今はショーブラ映画とかDVDいっぱい出てるけど、当時はカルトすぎる人だった。


ドニーがデビューしたのが84年の「女デブゴン強烈無敵の体潰し!」だから、日本でも香港映画が人気あったころなんだよね。
この映画1回しか見てないから覚えてないけど、女デブゴンはあんまり出てなかったと思う。
デビュー以来ずっとコンスタントに出演してるのに人気出てきたのってここ数年のような気がする。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/395-1ba9627d
該当の記事は見つかりませんでした。