独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館でみた日本映画

GODZILLA 2014

ファースト・デーの料金がいつの間にか値上がりしてましたね。
昔は半券欲しいから前売り券かってたんやけど、今はネットで座席を予約する時代やねん。

ってことでアメリカ版ゴジラを見てきた。面白くなかった。
なんでやろ。今回ゴジラは脇役やねん。主役はムートーとかいう怪獣でして。ゴジラは救世主みたいな感じでちょっとだけ戦って終わり。
ムートーがどちらかというとゴジラ的。放射能食べたりして。1作目のゴジラに通じるような部分もあるが、どうにも怖くない。
ストーリー的な面白さもないし、なんかだるい。渡辺謙の役名が芹沢博士ってのも頂けない。平田昭彦の演じた芹沢博士とは無関係だろう?
別にゴジラの登場シーンが少ないとか、福島とダブるとかそうい批判はどうでもいいねん。
作品として面白ければなんでもいいねんけど、総じてつまらん。
大失敗に終わった98年のアメリカ版ゴジラのほうが面白かった。

ゴジラって世界的な人気俳優のはずなのに、作品に恵まれていないな~。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/405-1d6ed4d7
該当の記事は見つかりませんでした。