独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

キャラクターというものの考え

大道芸でアートなんてちゃんちゃらおかしいと思っていたが、最近ようやく芸って表現なんだなって思うようになった。
キャラを作るなんて言い方をするが、キャラを作ったことなどない。
「あなた、ショーのときと普段全く違うよ」なんていう突っ込みが・・・無いか。たまに言われるんだよね。
鋭い人だと「ショーをやってるときが本当の姿なんじゃないの」みたいな。
そうなんだな。別人格を上手く演じれるなら役者になれるんだよ。無理だから。演技って簡単じゃないから。
そのままの自分を曝け出すしか方法がないねん。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/423-30ab6e5a
該当の記事は見つかりませんでした。