独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ひすとりー

History 1  ジャグリングを始めたきっかけのこと

昔、ウェブサイトに書いてあったんだけど、そのページ閉鎖しちゃったからね。
大道芸をやるまでの経緯などを簡単に思い出す限り書いておく。
大して面白くないだろうから読まなくていい。




7月13日(火)奈良県の五條市に生を受ける。

幼稚園、小学校、中学校、高校と一応順当に進学しました。高校卒業後、専門学校に行くのを口実に上京。



私が記憶に残っている一番最初の奇術は小学校の3年か4年の時だとおもいます。

家族で行った通天閣にあったマジックショップでテーパー加工されたマークドデックを買ってもらいました。

このカードは観客の引いたカードを瞬時に取り出すことができるほか、裏からみて表の数字がわかるマークがついています。

今でもテンヨーから同様のカードが売られています。

その数年後に再度通天閣を訪れたとき同じ人がマジックショップをやっていましたが、高校卒業の頃に行ったときは誰もいませんでした。



私が住んでいた田舎では大きなデパートなどはなく、大阪の親戚の家に行くときに阪神デパートに連れて行ってもらいました。

そこで購入したのがダイナミックコイン、チャイナリング、トラベリングデックなどです。いわゆるマジックを覚えた手の人が必ず買うような道具を

順番にかっていきました。いや、買ってもらいました。

そういった道具を購入しても実際演じるとなると話は別で全く上手くできなかったものです。

そのころお小遣いで手品の本なんかも買っていましたが、子供に理解できるものは少なかったように思います。

たまに実家に帰ったときに、その頃購入した本を読むとかなりマニアックなことまで書かれていることに驚きます。



小学4年生から週に1回クラブ活動というものがありました。

私は4年生のとき一輪車クラブなるものにはいっていました。別に好き好んで入ったわけではなく、

自分の入りたいクラブが定員いっぱいで入れなかっただけです。

そんなわけで1年間のクラブ活動で全く一輪車には乗れませんでした。

とにかくスポーツ全般は嫌いで体育の成績は散々たるものでした。

唯一できたスポーツは水泳です。とはいえスイミングスクールに行っていたわけではないので

特別早いというわけではありませんでした。たしか、50メートルで48秒だったかな。

小学校の卒業文集でも水泳のことを書いたような記憶が・・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?



中学校では全くスポーツはやらず、強制加入の部活動なんてものもなく帰宅部でした。

もっぱらいインドア派で映画ばっかり見てたように思います。

私が通っていたころは丸坊主だったのですが、卒業した次の年からそのような校則はなくなったようです。



中学卒業後、普通に高校に進学。井の頭公園でよく見かける楳図かずお氏の母校ですな。

まあそんなことはどうでもいいが・・・。

高校の3年間は本当に詰まらなかった。つまらなかったのであまりよく覚えていないが、この3年間も映画ばかりみていました。

WOWOWに加入したのでいろんな映画を見まくってました。地元に唯一あった映画館は小学生の頃につぶれてなくなっていましたが、

頻繁に大阪に映画を見に行っていました。



高校卒業後、上京。とりあえず新聞奨学生で新聞配達しながら学校に通ってました。

新聞配達して学校行って、夕刊配って映画観に行くという忙しいフリをした生活を送っていました。

この頃一番沢山映画をみていて年間200本ぐらいは劇場で見ていました。観る映画も自主制作の映画からジャンル問わずなんでも観ていました。

沢山映画を観ているとアメリカ映画は全て同じにみえて、だんだんとヨーロッパの映画やインディーズ中心に見るようになっていきました。


そういや在学中に東映撮影所に美術の手伝いに言ったのにいまだにその作品は見れていません。

クレジットで名前でてるはずなんですが・・・・。
baku2.jpg


破壊されるビルのガラスを樹脂で作ってた。



卒業後、とりあえずテレビ局で大道具しておりました。
休みが隔週2日で残業が月50時間程度です。担当番組の翌日がたいてい休みになるのですが、休みの前日に長時間拘束されるので休みの日は寝て終わりということが多かったように思います。

バラエティ番組を主に担当していたのですが、たまにドラマの収録に立ち会ったりすると朝まで仕事で大変でした。

この頃8mmのカメラを買いました。8mmといってもビデオの8mmではなくフィルムの8mmです。この頃映画はフィルムでなくてはいけないという考えがあり、時代に逆行するかのように生きておりました。

この当時3分のフィルムで現像代あわせて3千円ぐらいかかったと思います。今はもっと高くなってるようです。



大道具の仕事をやめてから8mmカメラを片手に色々撮影していました。そんななか新宿の大道芸人たちを見るようになりました。

別に大道芸自体は他でも見たことはあったのですが、きっかけになったのはこの人。



fs

皆さんご存知であろう。始めてみたときはパントマイムの寸劇のようなことをやっていた。次に見たときは風船とディアボロだった。その後、シガーボックス、デビルスティックと芸が増えていった。それを見て、もしかしたら少し練習すれば出来るようになるのでは?と思うようになった。

そのまま東急ハンズに向かい風船を購入した。風船に特別興味があったわけではなく単に一番簡単に手にはいったからです。どちらかというと風船は一番興味がなかった芸で、街で見かけても最後まで観る事はなかった。

ポンプと風船と本のセットで本を見ながら練習しました。作ること自体特に難しいことはなく、唯一難しかったのが口で膨らますことでしょう。口で膨らませるようになるのに2週間ほどかかりました。

その次に購入したのがDPクループから発売されていたディアボロ。スイスのMr.BABACHEのMサイズでした。これにも解説書がついていて基本的なやり方はこの本と街で見かける芸人さんの見よう見まねで覚えました。

当時ナランハはまだオープンしておらず、ジャグリング道具は簡単に手に入るものではなかった。
 造型の仕事をしつつ、8mmで映像製作してジャグリングの練習をしていた。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/433-584df5e2
該当の記事は見つかりませんでした。