独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た洋画

ザクとは違うのだよ ザクとは


ガンダムは全然知らないのだよ。ガンダムプラモデルは作った記憶があるが、アニメを見たことは一度もないのだよ。


ということで「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」の実写版を見に行く。

25年前に実写化されるときも結構話題になったね。3作続いた人気シリーズ。

さすがに25年も経ってますからフルCGでリアル。
2D字幕版。3D映画も何度か見に行ったけど、2Dのほうが観やすい。映画館で見るときはやっぱり字幕のほうがいい。

ものすごく単純な映画なので子供さんでも楽しめるのではないだろうか。バットマンとか大人向けになっていったけど、亀が突然変異して喋るとかギャグでしかないもんな。
ストーリーも単純だし、テンポも早いので飽きることなく観れる。
早すぎてよくわからないところもあるが。
それはさておき、適役の女性が片桐はいりにみえてしまう。

亀の化け物がヒーローになっちゃうのだから不思議よね。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/538-483abe3f
該当の記事は見つかりませんでした。