独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
ジャグリング

皿回しというもの

はい。小生が挫折した芸です。昔買ったお皿が残っておりました。

直径22cmぐらいだろうか。メラミン製のお皿です。別に陶器でもいいんですけど、見た目が普通で割れにくいからメラミンのほうが使い勝手がよろしい。

中華用のお皿かな。糸底が大きいほうがやりやすい。
フチ回しは3分ぐらい練習すれば誰でもできる。そう、簡単なのである。
丼の蓋とか使いやすいらしい。

こういう風に沢山回すのは普通の皿で全然いける。むしろ推奨。

何が難しいかって中心回しができない。初段の技らしいです。
まあ、出来ないので語れないが普通のお皿でもできるらしい。ただ、底が平らあるいは、凹んだものなら。
そんな都合のいいお皿なかなかないわな。



ご存知天狗通。これは糸底の中心に穴を開けるなんて書いてあったね。


ジャッキー・チェンの蛇拳の中に茶碗のマニピュレーションあった。
ジョンネヴィルマスケリンも皿回しのマジックやってたね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/626-0040b193
該当の記事は見つかりませんでした。