独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

ウケるうけないではない。

自分でやってる芸って別にウケるかどうかはさほど重要ではない。
そのネタがどの程度気に入ってるかどうかです。
気に入ったものは、ずっと演じ続けるのである程度買いだめする。
廃盤になったら二度と手にはいらない。滅多にないことだが、製作者が亡くなって二度と手に入らなくなった道具なんてものもある。

まあ、二度と手にはいらない道具は稀で大抵は手に入る。使うかどうかわからないものはすぐに処分する。いつか使うかもといって置いておくことはしない。今までの経験上処分したものをまた買いなおすのは1パーセント未満。そのために大量の保管場所を確保するほうが無駄だと考える。

自分の好きなネタは演じ続けることによってウケるネタに変わる場合がある。一度や二度演じてウケが悪いからといってお蔵入りにすることはない。ウケが良くても自分が気に入ってないネタはすぐにやらなくなるわけだ。

人形持ってる変態さん。名誉のために言っておくが、私が撮影したわけではない。
ブレブレ・・・・

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/667-0c544147
該当の記事は見つかりませんでした。