独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

罪人

大道芸と言っても昔は許可などなくゲリラ的にやるものでした。大抵の場合は注意で済むのですが、一度警察署に連れて行かれ、指紋を全てとられたことがあります。
お陰で何かあれば身元照会できるし、悪いことも出来なくなってよいですな。
1.jpg
こんだけ派手にやってるんだから、逃げも隠れもしませんよ。(^ー^* )フフ♪

そんなことはさておき、選曲に関する話でして。一輪車のときの曲が凄く良いがどこで見つけてくるのか?
皆さんご存知のニナ・シモンのsinnermanですよ。フルバージョンは10分を越える名曲です。

sinnermanは罪人って意味なの。英語わかる人だと芸にあってないって感じるのかも。BGMって雰囲気だから自分で気に入った曲ならそれでよろしい。
小生、日本語の曲はあまり使わない。日本語だとどうしても歌詞を聞いちゃう部分があるのよ。喋りながらだと聞き難い。歌詞にあわせたネタならいいけどね。そもそも日本語の曲は普段あまり聞かないから知らない。若いころは70年代のフォークソングとか聞いてたけどね。

なんでオープニングにウルトラセブンかって。ウルトラマンセブンじゃないよ。ウルトラセブンだよ。
鷹村の入場曲なんよ。
円谷つながりで怪奇大作戦も使ってます。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/675-781882b2
該当の記事は見つかりませんでした。