独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
未分類

エビアンは逆から読むとナイーブなんです。水にお金を払うお人よし。

naive お人よし。
vlcsnap-5238-06-10-00h44m32s340.png


高校のころ、はじめてフリー雀荘に行った。仲間内の麻雀に飽きたのである。
パチンコに行く人はそれなりにいたが、雀荘となると誰も行かない。パチンコ店のように外から様子を伺うことも出来ないし、機械相手でなく人間相手なので躊躇する人も多かった模様。
腕に自信があったわけではないが、バイトしていてそれなりに懐に余裕があった。
大抵は点5だったが、サラリーマン相手だとピンのときもあった。雑誌に広告が出てるお店は大体マナーがよかったが、中にはガラの悪い店もあった。
一度だけテッポウで打ったことがある。負けてお金が払えなければどうなるのか不安であったが、幸いまけなかった。
その後別のお店で持ち金が足りないほど負けた。お店から借りることになる。博打の負け金など合法的に踏み倒しできるのだが、底はモラルの問題であろ。それ以降フリーで打つのはやめた。
 その後仕事の付き合いで打つことはあったが、勝ったり負けたり。ただ勝ち金を受け取ったことは無い。根がナイーブなのかどうにも強く請求できない。それでも麻雀を打ってるときが楽しかったかそれでよかった。
とことん賭け事に向いていないと実感した。
今は行き方そのものが博打みたいになってしまった。
この先どうなるか全く想像ができないが、自分で選んで好きにやってきたのだからこれでよかったのだろう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/678-8f15b486
該当の記事は見つかりませんでした。