独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
雑記

人の心など判らぬもの。

ショーがどうにも上手くいかず人もあまり集まらず落ち込んでいた。
頭を抱えて悩んでいると、ファンの方に「何を悩んでるの?」なんて声をかけられた。
隣の芸人を指さし、「あの人は凄く集まってるのに、自分のショーは全然人があつまらない」
そうすると、あなたも同じくらい集まってますよと返事がくる。
当時は慰めてくれてるのかと思ったがそうでもないらしい。

他の芸人さんが終わったときに「凄くよい感じでしたね」なんていうと怪訝そうな顔をされることがある。
自分のときと同じで本人は納得していない模様。
客観的にみて凄く集まって盛り上がっていいショーをやってるように見えても本人が全く納得していないときがしばしばある。
o(〃^▽^〃)oあははっ♪ ナンセンス。当事者本人で無いのに、その人の考えがわかるわけが無い。
ビデオで観てみると、ダメダメで落ち込んだショーもそれほど悪くない場合がある。それが客観的なものなのだろう。
大抵の物事は自己満足でよいが、仕事だけは自己納得でないといけない。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/680-6f9b280c
該当の記事は見つかりませんでした。