独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
未分類

読まなかった本

本を読みたいけど時間がないって。読まなかった本の話を思い出した。


ここに一冊の本があります

この本の持ち主はこの本を読みたいと思ったので買いました。

しかし、今度読もう、今度読もうと思いつつ、すでに一年が経ちました。

この本の持ち主はこの本を読む時間がなかったのでしょうか?

たぶん違います。

読もうとしなかった。それだけです。

そのことに気づかいない限り、5年経っても、10年経っても

持ち主はこの本を読むことはないでしょう。


忙しいとか時間がないって言い訳は大抵ウソです。実際に時間があっても、今度は別の言い訳考えるんですよ。人間って言い訳の天才ですから。言い訳と思ってないのは言ってる本人だけなんですけど。
同様にお金がないってのも単なる言い訳。これを言い訳に使う人はどんなにお金あってもやらないのよ。
いかんいかん。気をつけようと思う。
時間もお金も作りだすもんだんですよ。

話は変わるが、本=小説と思ってる人が未だにいるみたい。わたくし、小説はあまり読まない。
高校生の頃、阿佐田哲也の小説を買いあさった。特に長編小説が面白く、読んでいるといつの間にか夜が明けてたりする。小説読み出すと何もできなくなったりする。その割りに学ぶものがあまり無かったりして。娯楽だからそれでもいいんだけれども。
ああ~また読みたくなってきたな。阿佐田哲也の「ヤバ市ヤバ町雀鬼伝」は名作だと思う。

電子化しておくと持ち運び楽です。読むのは紙のほうが圧倒的に読みやすいけどね。保管場所がないので。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/681-f41174d6
該当の記事は見つかりませんでした。