独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画、演劇、音楽、DVDなど

ソレダケ

吉祥寺でポスターを見て、これが見に行かなくてはと思っていた。調べてみるとすでに上映が終わっていた。

なんとなく記憶の片隅においていた作品だが、今日ヨドバシカメラにいくとBlu-rayが売っていた。
石井岳龍の前作「シャニダールの花」がよくわからなかった。その前の「生きてるものはいないのか?」はもっとわけが判らなかった。購入を少し迷ったが、今回はアクション映画のようだ。
石井といえばアクション映画でしょう。8mmの「高校大パニック」、「狂い咲きサンダーロード」、「シャッフル」などなど。

ストーリーは相変らずよくわからない。音楽もあまり趣味じゃない。石井監督ってパンクロックが好きでしょ。私全然好きじゃないのよ。
初期の石井映画のようにパワフルであった。多分それだけでいいんだろう。
なんで石井映画がすきなのかよくわからないが、惹かれるんです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/683-55a696ac
該当の記事は見つかりませんでした。