独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
独楽、コマ

わ~そう


久しぶりに着物着ると帯の締め方も袴のたたみ方も忘れてる。
やっぱり練習からちゃんと衣装着ないとね。
今まで片挟みで締めてたけど、貝の口もいいかな。
羽織は練習のときに着てたからいつの間にかボロボロになってますやん。
洗濯機で洗えるよう木綿の着物にしたけど、ステージ衣装ならポリエステルのほうが見た目綺麗かも。
ポリエステルだと洗濯機で洗えるし。
小生の袴はは普通のより襞が少なく細めに作ってある。そのほうが動きやすいかなと思ったが、普通ののほうがいいかもね。

動きやすさとステージ栄えって別物なんですよ。やっぱりステージはもっと綺麗な格好のほうがよろしい。
そもそも芸がステージ向けじゃない。
独楽回すときは袴のほうがよろしい。あまり動かないなら着流しでもいいかも半纏だとちょっと似合わないような。
いずれは大島紬の着物を・・・・


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/684-da7a5f7b
該当の記事は見つかりませんでした。