独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
お奇術

スプーン・・・・まげ

 フォークを買いにCan Doにいく。いつもダイソーといっているが本当はCanDoで購入している。フォークを一掴みレジに持っていく。そうすると、一番前だけがフォークで残りは全部スプーンであった。
フォーク1袋とスプーンが18袋。気弱な私はそのまま購入した次第であります。
 
 自分のショーのビデオを見ながらストップウォッチで時間を計る。何分掛かってるのか。フォーク曲げで4分を越えていた。たかだかフォーク曲げで4分はかけすぎだろう。年末から先端を曲げるのはやめていた。
だからスプーンになっても問題はない。むしろスプーンのほうがやりやすい。問題があるとすれば、ずっとフォークと言っていたので台詞を間違えるところだる。

 スプーン曲げをやっていると未だに超能力と思ってる人と出くわすが、超能力なんてものはこの世にありません。サイババの映像を分析するとパームしているのが映っていたでしょ。


 奇術の歴史は皆さんご存知の通り呪術的なものから始まっております。魏志倭人伝に「卑弥呼は、鬼道を事し、能く衆を惑わす」と書かれている。
卑弥呼が奇術を使っていたという記録はないが、この時代より数百年も前から中国では幻戯が演じられていた。中国との国交で、こういった幻戯の情報を手に入れたのではないだろうか。
その時代の人なら霊能力とか信じたのも頷けるが、未だに霊能力とか超能力とか信じてる人いるんですよね。
そんなものはない。幽霊とかいるなら是非お会いしたい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/685-7af7f25a
該当の記事は見つかりませんでした。