独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画、演劇、音楽、DVDなど

死の王

井の頭公園って何気に自殺が多いらしい。別に死ぬのはかってだが、場所をわきまえて欲しい。
そういえば「自殺学入門」なんて本があったな。寺山修司だっけ。外的要因の或る自殺は本当の自殺じゃなく、幸福のうちに死ぬのが自殺なんだとか。そんな内容だったような。多分。おそらく。
日本って治安もいいし、綺麗だし、飽食だし、何故不幸を感じてるのかよくわからない。世界的に貧国のブータンの人々は国民の97パーセントが幸せを実感してるらしいね。

さてさて、ブットゲライト監督の死の三部作がブルーレイ化されてるんですよ。
おそらく殆どの人間は出会うことの無い変態映画です。

ブットゲライト監督の映画って上映禁止処分されちゃうぐらいブッとんでるのです。
Blu-rayボックスには「ネクロマンティック」「ネクロマンティック2」「死の王」「シュクラム」の4本セットなんですよ。
数ヶ月前に購入して全く見ずに放置していた・・・(-_-;)
「死の王」だけ映画館で見たんだよね。改めて見直してみたけどよくわからん。
まあ、どんなにエグイ映画でもフィクションだからいいんだよl。本物の映像とかはやっぱり見たくない。
アメリカンホラーなんて絶対主人公死なないで終わるから見てて案新できるよね。
最近歳をとったせいか、ハッピーエンドのほうがいいね。園子温の「冷たい熱帯魚」なんて誰も救われないでしょ。しかも実話だと逃げ場がないから後味が悪すぎる。
ハリウッド映画なんてワンパターンだけど見てて一番楽だよね。うふふっ(*゜v゜*)

少女椿のアニメ版も上映禁止になったよね。実写化ってまぢか?大丈夫なのだろうか。多分見に行かないけどね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/698-26400f8f
該当の記事は見つかりませんでした。