独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
独楽、コマ

投げ独楽

最近3時半に眼が覚める。二度寝したら寝坊。いかんいかん。睡眠の質が悪くなってるな。いかんいかん。
お陰で朝練がいつもより30分短くなってしまう。

KIMG0107_20160216141905f52.jpg
これぐらいなら自分で修理できるだろう・・・。

20cm以上あると投げるのは結構大変です。紐が長くなるので、引き戻すのにもかなりの力が必要です。こんなことやってるとまた腕痛めるかも。


KIMG0108.jpg
独楽の角度があまりついてないと紐が巻き難い。確度が十分にあるとまきやすいが回転があまり持たない。形状の違いによって技のやりやすさは変わる。一つの技に1個の独楽ってのはそういうことです。

紐が巻き難いときは湿らすと滑らなくなってよい。今度から濡れタオルを置いておこう。


装束の三陽がどこよりも安く麻を買えます。たぶんどこよりも安い。
一等品と特等品と極上品ってどの程度の差なのだろうか?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/703-55d600ab
該当の記事は見つかりませんでした。