独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
書籍・漫画

見たから信じるってか。見ても信じない。

先日泊まったホテルでのこと。早朝でいきなりテレビがついた。タイマーなのかと思ったが、そのテレビにはそんな機能は無かった。これが霊の仕業だったら楽しいね。私はぜんぜん信じないので、何らかの電波が流れたか、あるいは単なるリモコンの故障で誤作動を起こしたのか。
 小学生のころ、一度だけ金縛りの経験がある。誰かが乗ってるような感じで身動きができず声もでない。
後日親に反したらそれは”金縛り”だと教えてくれた。例の仕業だったら楽しいよね。疲れてたわけでもないが、なんとなく緊張してたのだろうか?
幽霊らしきものを見たのは高校生のころだけど、たぶん疲労から幻覚が見えたのか、夢だったのか。思考停止して霊の仕業にできたらいいんだけど。残念ながらそういった存在は見ても信じない。

先日メンタルマジックのショーを見た。いろんなマジックを見てきたが、まったくわからなかった。トリック的なものを何も感じなかった。これ、演出変えたら本当に超能力、あるいは霊能力といっても信じる人が出てくるだろう。

別に信じたい人は信じてればよろしい。特殊な能力があるとかほざく人は”自称”とつけてください。自称霊能者、自称超能力者。とたんに胡散臭くなるね。

(゜O゜;アッ! 宇宙人は結構日本にいるみたいよ。しかも世田谷に住んでるって話。本当かどうかしらないよ。
確か村田って名前だったかな。


先日11枚のとらんぷを読んだ。なかなか面白かったので読んでいなかったしあわせの書も読もうと思う。
 謎のヨガ師ヨギガンジーは、新興宗教団体「惟霊講会」を揺るがす教祖継承問題に首をつっこむ羽目になる。そこで手にした布教用の小冊子「しあわせの書」。なんの変哲もないこの本には、深慮遠謀が隠されていた…。
はい。お記述で使うためだけに15年ほど前に買ったまま読んでいなかった。別に全部読まずともお奇術では使えるんですよ。

電子化したら意味がなくなるんだな。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/722-d906bc6e
該当の記事は見つかりませんでした。