独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

継続することは

大道芸とか簡単にやってるように見えるが、なかなか容易ではない。
やろうとおもい出かけるまではいいが、なんだかんだ自分に言い訳をつけてなかなか鞄をひらけず。
何もやらずに帰ったりするんですよ。一人でやってる人はたいていこういう壁があったのではないだろうか?
7~8年前だろうか。若い芸人が上京してきたが、一人でやる勇気がないとか言っていた。
自身でチキン野郎と自負していた。こういう人って誰かと一緒に動くから比較的早く一人で出来るようになるんだよね。
あとユニットでやってる人とかね。容易に路上でできますよ。
(゜O゜;アッ! そういえば、過去に何度か人と一緒にやったこともあったな。確かに精神的に楽なんですよ。

大道芸をやりにいったら、すでにほかの芸人さんがいた。初めて見る人だったので待ってたのだが、ぜんぜん始めようとしない。結局はじめるのに3時間ぐらいかかっただろうか。
もうお亡くなりになった芸人さんですが、最初はそんな感じの人が多い。

私の人生は9割がた失敗でできてますから、いまだに緊張するんですよ。
やりなれた大道芸でもいまだに緊張する。ショーの前に「緊張する」とか言ってるのは、緊張をほぐすためなんですよ。
舞台でのショーのとき。リハーサルで失敗したら本番手が震えてました。結局ノーミスで終わらることができたが、本当に神経が細いな~と自覚するのです。

なんでもそうだけど継続するのが大切なのよ。


真正面から魚撮ったら不細工でいいよね。なかなか上手く撮れないよね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/728-a714faf8
該当の記事は見つかりませんでした。