独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

刀の持ち方とか・・・

暑い。こんなに暑いのにやる気出る人とかドMすぎるだろう。
17時半から2回ぐらいできればいいやと思ってたが、出来なかった。
最近ルーティンを少し変えたりしてるのだが、なかなかうまくいかない。というかぎこちなくて。
あと技術的な問題もあるしね。

ところで刃渡りやるとき、どういう風に刀もったほうがいいのだろうか?

片手でやったほうがいいのだろうか?どんなやり方でも観客の反応は変わらないわな。
日本の芸の本質って細かい所作をいかに美しくするかってことなんだよね。
まあ、私のショーは軽いんだけどね。もっと重量感がほしいんだよね。

エド・サリヴァンショーのビデオを何気なくみてたら、日本人が出てった。

頭で階段上っていく芸ね。これ日本の芸なの?この芸を生でみたのは1回だけなんだよね。小学校のときみた上海雑技団の子供がやっていた。首を痛めそうだなって。たぶん中国が発症なんだろうね。

あと出刃の芸ね。これは太神楽でも残ってるよね。くわえ撥の上で回すと結構緊張感あるんだよね。

youtubeとかで古い映像見てると面白いな~って。いろんな人の芸を見るとそれだけ迷いがでちゃうのよ。
人のやってるものはすべてよく見えちゃうから。
昔、マジシャンと話ししてたとき、「ジャグラーは道具が大きいからいいね」なんて言われたことあるけど、マジシャンのほうが表現の幅は広いでしょ。

フレッド・カップスの動画も結構たくさんあるけど、すごく面白い。



小生も塩のマジック練習したんだけどね。大変だったよ。後片付けが・・・・。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/794-c230fb9d
該当の記事は見つかりませんでした。