独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た映画

ポセイドン・アドベンチャー

今年13本目。 
久しぶりに旧作を見に行く。昔は名画座とかで旧作をよくみたのだが、最近あまり見てないな~。
ポセイドン・アドベンチャーは何度もDVDで観てるのだが、映画館で見るとまったく違う。
やっぱり映画って映画館で見るために作れれてるんだな。DVDはあくまでも二次的に楽しむものなのだと実感。

KIMG0038_201608172056596fa.jpg
今更語ることもないのだが。スーパーファミコンのセプテントリオンはこの映画のオマージュなんですよ。


災害時に人のとる行動は3つのカテゴリーに分かれます。
1、落ち着いて行動できる人=10~15%
2、我を失って泣き叫ぶ人=15%以下
3、ショック状態に陥り呆然として何もできない状態になってしまう人=70~75%

この映画で落ち着いて行動していたのが、ジーン・ハックマン演じる牧師さんです。
最初の転覆で動かずにひたすら助けをまって死んじゃう人たちってのが、正常性バイアスと多数派同調バイアスが働いたのでしょう。
記憶に新しい東日本大震災でも逃げずに津波に巻き込まれた人がなんと多いことか。
みんな自分だけは死なないって思ってるんだよね。
自分で気づいて考えて動くことだけが生き延びる道なんですよ。

あと、誰かを助けようとして自分が死んじゃうってパターン。
でも映画だとこれが感動的なシーンになるんですけどね。

正解が分からないのに、自分で考えて行動するのって難しいわな。

美しき、シェリー・ウィンタース。
suintars-0.jpg
すっかりおばちゃんになったね。
img_1_20160817212503835.jpg



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/798-e7104962
該当の記事は見つかりませんでした。