独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

途中でやめること。

最近、自分も含めてだけどショーを途中で辞めちゃう人を見かける。
昔はそんなの滅多に見かけなかったけど、最近はよく見かける。それだけ人が集まりづらいのだろう。
しかし、中には1人でも残ってたらやり続けるって人もいるけど。果たしてどうするべきなのか。

二組ぐらいしか立ち止まらず、その後20分ぐらいいろいろやったが一向に人が増えない。残ってる人が楽しそうに見てたりするとやめるのも心苦しいのだが、人が集まらなければショーそのものが不成立なんだな。
演目が終わったときに切れ目作って終わらしたりするんだけど。

数人しかいないときに投げ銭ってほぼ強要みたいな感じでしょ。演者も客も納得の上気持ちよく投げ銭入れてくれるならいいんだけどね。
入れないと帰れないような重圧でいやいや入れる人もいるでしょ。そこでシビアにお金取れないのが私の弱いところでして。

昔はクロースアップマジックもある程度用意していて、人が集まらないときとかマジックをやったりして。それで人が増えればショーに移るし、人が増えなければシューマイで終わらして。
数人相手に一輪車乗ったりするより、カードマジックとかやってたほうがお互い居心地いいんじゃないかな?

image6_20160922224034148.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/817-d199c215
該当の記事は見つかりませんでした。