独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

見世物小屋





見世物小屋を見に行くもいまいちパッとしない。芸そのものが大したことがない。


剣山の上にねる。我慢すればいいだけ。

ウジ虫を食べる。我慢すればすぐにできる。

鼻に5寸くぎを刺す。耳鼻科みたいなもの。

頬に串が刺さっている。ピアスみたいなもの。

劇団員がやってるんだから、熟練の技ってわけじゃない。
酉の市の間ずっとやってるんだから、とんでもない売り上げになるだろう。
昔みたいに奇形児を出したりできないんだろう。大きな板に赤いペンキをつけて、巨大イタチとか。

前回はデリシャス・スイートの見世物小屋を見たが、そっちのほうが面白かった。
芸はどちらも微妙だったんだけどね。何をやるかより、誰がやるかのほうが大事なんだよね。
ゴキブリコンビナートはもう見なくていいかな。


いいかな。


といいつつ、また見たりして・・・。o(*^▽^*)oあはっ♪

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/839-6b29626c
該当の記事は見つかりませんでした。