独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館でみたアジア映画

新少林寺


象が目印の印度料理屋にいった。夜前を通ると象が不気味で気になっていた。
さらにターリー屋の自転車が止まってるのも気になっていた。
屋号が違うだけで、ターリー屋なんですって。西新宿にターリー屋多し。

お値段はターリー屋の二倍です・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

六本木はすっかりくりすますの雰囲気です。

中国版のDVDはすでに見てたのですが、やはり日本語字幕ないと辛いのよ。
リー・リンチェイの少林寺とは全く別物。でもリー・リンチェイの弟弟子のウー・ジンでてるし。
少林寺3部作のユエ・ハイも出てるし。香港一ギャラの高いニコラス・ツェーも出てるし。
オールスター映画です。主演はアンディ・ラウね。
出演者多いし、それぞれの見せ場があるので特定のファンにとっては消化不良かもしれない。
功夫アクションってわけでもないんですよね。戦う相手は銃使ってるし。最後は大砲を少林寺に打ち込むし。
主要な登場人物の多くが死んじゃうんですよね。エンディングはいまいちすっきりしない。
少し宗教的な感じもするが、なかなか深い映画であった。


dfshourinjinothirashidesu.jpg

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/84-7d26753a
該当の記事は見つかりませんでした。