独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

出来る人ってなんでもできちゃうから腹立つよね。

ジャグラー名乗ってる人が、いきなりマジックから始めるんですよ。
鳩を2羽か3羽だして、カードマニピュレーションもやって。
ジャグラーなのにそんなにマジックやられたらマジシャンの立場がないやん。
肝心のジャグリングもこれがまた上手い。
聞くところによるとマジックはちゃんとプロの指導を受けたとか。
ジャグリングだけで30分やるのって結構大変なんですよ。喋らずにテクニックで30分できるようにするには相当の練習量が必要になる。そう考えるとマジックは比較的短時間で時間持たせれるから。
難しいと言われてるカードマニピュレーションですら、半年ぐらい練習すれば3分ぐらいのルーティン出来ちゃうのよ。ネタものも組み合わせたら10分ぐらいのルーティン作るのって比較的簡単。
練習要らないって言ってるわけじゃないよ。技術的難易度がジャグリングよりはるかに低いってこと。

今の時代ジャグラーとマジシャンは概念的に分けられてるから、ジャグラー名乗ってそこまで本格的なマジックやるとちょっと肩透かしくらう。それこそ、エンターテイナーって肩書のほうがいいんじゃないだろうか。

いろんな種類の芸やる人いるけど、上手い人って何やっても上手いんだよね。
ジャグリングとかマジックとかアクロバットとか。それこそウェブサイトのデザインまでセンスよくてさ。
腹立つよね~。


僕も昔は上手いほうだったはずなのに、いつの間にか時代遅れの技術になってしまったorz
何か一つぐらい誇れるものがほしいなと。

ジャグリング全然やらなくなったからどんどん下手になってやんの。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/900-101ce677
該当の記事は見つかりませんでした。