独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た洋画

ゴースト・イン・ザ・シェル


雨の中見てきました。

原作漫画は読んでないし、押井守の映画も見てないし、テレビアニメも見てない。
さらにいうと、スカーレット・ヨハンソンって知らないんだよね。
初めて見たけど綺麗な人でした。
とにかく今の時代って映像化できないものがないんだよね。どんな映像でもCGでつくれちゃう。
未来都市の3Dのサイネージとか面白いものね。設定は2069年だって。そんなに未来じゃないんだね。
街並みはどう見ても香港なんだけど。足場作るための竹がおいてあったりして。未来でもやっぱ竹なんだな~って。どんなに文明が発達しても雨の日は傘なんだな~って。もっと便利な雨除けとかでないのかな~。

私としては面白かったが、隣の人は寝ていた。
アクションシーンがちょっと物足りないんだな。最後の多脚戦車との戦いもいまいち盛り上がらない。
少々惜しいか・・・。

それにこれアメリカ映画なんだよね。中国からも資金でてるけど。
ゴジラもトランスフォーマーもバイオハザードもゴースト・イン・ザ・シェルももともとは日本のコンテンツなんだけどな~。アメリカが大金かけて作って稼いじゃうから困ったもんだ。
日本だと予算降りないからここまでの映画絶対作れないんだけどね。

翌日に押井守のアニメ版を見たのだが、実写版よく似ておる。同じシーンとか結構あるし。
アニメ版を先に見ててもイメージは壊れない実写化だったのかな~っと。
で、未来都市が香港なのもアニメ版と同じだった。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/924-41e78cde
該当の記事は見つかりませんでした。