独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

大道芸人という生き物。

昔はパフォーマーになるには、クラウンカレッジにいくとか、師匠につくとかしたけど、今の時代の先生ってYOUTUBEなんだよね。
昔は道具も簡単には手に入らなかったが、今は誰でも簡単に購入できる。
学生のころからジャグリングやってる人って運転免許を持っていない人が結構多い。
教習所に通う時間がもったいない。そんな時間があるなら練習する。
だからものすごく上手い人がいっぱいいる。
私は社会に出てから始めてるし、仕事の合間に練習してたからそこまで練習量は多くない。
たまに練習するために仕事休みとったりしてたけどね。

フリーランスの仕事って結局勝ちと負けしかないんだよね。
明らかに負け続けてるように見えても必死にしがみつくんだよ。
何故って成功体験が忘れられないから。GWとかお花見とか、誰がやっても集まるようなときの盛り上がりが忘れられなかったりして。
自分には実力があるって勘違いしてたりして。
師匠とかいない人の不幸ってこういうところなんだよね。
師匠が居れば適当なところで引導を渡してくれるでしょ。

自分がまだ大道芸をやる前。練習してたころ、同じようにパフォーマー目指してた人居たけど、誰一人プロにならなかったな~。
仕事辞めて大道芸人になるとか言ってた人いたけど、15年経った今も同じ仕事してはるわ。
この年になると、そっちが正解だったような気もしてくる。大道芸は趣味でもできるからね。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kyokugoma.blog.fc2.com/tb.php/966-ece059f5
該当の記事は見つかりませんでした。