独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
機材

アンプの出力と音量のこと

とかく音量の基準はアンプの出力のように言われてるがあまり意味が無いように思う。
出力200W以下にするとかね。
image21.jpg
私が普段使ってるアンプは10W×2の20W。50Wのアンプとどの程度音量差があるでしょうか?
2倍強の音量差と思われるかもしれない。実際は約1.6倍。これは同じスピーカーに接続した場合の話。
スピーカーの音圧レベルが3db違うと音量が2倍変わるっていうじゃない。出力が二倍なのか音量が2倍なのかよくわからないけど、能率のいいスピーカーを使うと全然違うのよ。
だから出力の数字ばかりこだわるけど、スピーカー部の能率がどの程度なんだって話。ただコンボアンプの場合スピーカーのスペックが書かれていない場合も多い。スピーカのインビーダンスや音圧レベルは結構誤差があるって話も聞くし参考程度なんだけどね。
ってことで能率のいいスピーカーを買うべし。

機材

2003年9月から使ってたGANGANバッテリーがいよいよ寿命かもしれん。

GANGAN3台もってたん。初期モデルよ。今売られてるやつより容量小さいねん。
それでも土日余裕で持つから買い換えるつもりなかったん。
せやけど保護回路が結構ヤバイかもってさ。
ってことで取りあえず送って調べてもらう。

今流行のスゴイバッテリーに乗り換え・・・って気はさらさら無い。
スゴイバッテリー2.5キロもあるでしょ。そんな大きいのいらん。
しかしスゴイバッテリーで正弦波のインバーター発売したでしょ。これは良いと思う。AC変換で使ってる大道芸人は買うべき。
小生も昔は正弦波のインバーターと鉛蓄電池でアンプを動かしたことがあるが、ノイズが全くはいらなくなる。
矩形波のインバーターは安いがノイズ入るのでお勧めできない。
正弦波のインバーターはGANGANじゃ使えないの。GANGANはフル充電すると16.6Vもあるから。
12Vの機器を使う人はスゴイバッテリーのほうが使い勝手は良いはず。


小生はGANGANを直接つないで動かせる機械しか使ってないからね~。24Vが必要なときは結局コンバーターいるし。
12Vでもっと小さいリチウム電池あればいろいろ応用が広がるんだけど。

(゜O゜;アッ! でも中国製のバッテリーは全然あかんな。あっという間に電池寿命来て使い物にならなくなる。

リチウムイオンバッテリー高いねん。3台買い換えたら目玉飛び出すぐらいの金額になるねん。
手組みホイールも注文してるし。保険の支払とかもあるし。
金掛かりすぎ・・・ちょべりば。

P1090747.jpg

機材

普通の台車のほうが楽かと思ったが・・・


せっかく買ったが2日で嫌になる。全然楽じゃない。
重いし。そもそも電車乗るとき不便すぎるだろ。


>
結局KART-A-BAGのキャリーカートが最強。電車移動の大道芸人はこれがいいと思う。
折りたたむとコンパクトだし。楽だし。十年保証あるし。
ハンドル付きだと259USDで送料は100ドル以上かかるのよ。ってことは4万から5万。
高過ぎ・・・・。
もう一台欲しいと思いつつ代わりの買えなかったが、E-bayで探すと結構お手ごろ価格で中古品が買える。
ただね~。補助輪交換したいねんけど、同じサイズが日本に売っていない。売ってるかもしれないが今のところ見つからない。どうしようもなくなったらリベットをはずして無理やり付け替えれば何とかなるだろう。
大きいタイヤはドイトで変わりになるいいのが売ってるらしい。


機材

物理的なものもあるのさ。

パソコンがいきなりインターネットにつながらなくなって、四苦八苦。
再起動したりシステムの復元したり。

パソコンの蓋を開けてみたら冷却ファン止まってやんの。

そうか~、最近性能が落ちたと思ってたが、これが原因だったのね。
こんなことあるのか。今まで何回もあるさ。
冷却ファンが周ってなくてもCPUは壊れないんだね。意外と壊れない。

調子が悪いといって再起動しまくってトドメヲさしたという話はありますからね。
一度開けてみると案外単純な故障だったりするんですよ。
うふふっ(*゜v゜*)

\

機材

絶縁

バッテリーの半田付けに2回も失敗してしまう。
ショートして煙でてくるとあせるねん。

ってことで3度目は熱収縮チューブをつかって絶縁しながら慎重に。
最近は100円ショップでも熱収縮チューブ売ってるねん。みんな使ってるのかな?

P1080040.jpg

はい、最初っからこうしとけっての。

機材

デコデコ

やっと修理できた。別にたいした修理じゃないんだけどね。パーツ買いにいくのが面倒で1年も放置してた。
一箇所半田付けやり直しただけっす。酸化してたんだろう。
P1070765.jpg

機材

教訓 コネクタは各種用意すべし

いつものことであるが、ステージにあがって最初の数分間はお互いに探りあいだろう。
とにかく最初は緊張してしまう。それでも昔に比べて幾分かましになったかな。まあ、舞台に立てば何とかするしかないので。
イベントの前日にスタジオを借りて道具をすべて持ち込んで何度も繰り返し練習して、結局いつもと同じショーをやってしまう。
今回一番困ったのは音響。以前は変換プラグを各種用意していたのだが、未だかつてピンジャックが使えない場所は一度もなかった。それゆえ、いつの間にか変換プラグを用意しなくなっていた。とりあえず標準ジャックだけは用意したほうがいい。余裕があればミニジャックとキャノンと・・・。

ダウンロード
ダウンロード (1)


ケーキ貰ったけど、こんなに食べたらまた太るやんな。いかんいかん。
P1060351.jpg

このカテゴリーに該当する記事はありません。