独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
映画館で観た洋画

エル・クラン

久しぶりにアカシヤでロールキャベツを食べる。やたらボリュームがあった。
名称未設定 4


#ペドロアルモドバル 監督作#エルクラン を見に行く

おとぼけエニッシーさん(@otobokesandayo)が投稿した写真 -





今年17本目。
エル・クラン。ペドロ・アルモドバル監督作とおもいきや、製作でした。
プッチオ家の職業が誘拐なんですよ。そんで、誘拐した人をいともたやすく殺しちゃうんだよ。
誘拐事件ってサスペンスっぽいけどね。その手口がものすごく雑。サスペンス的なものを期待してると見事に肩透かしされる。
音楽もめちゃ軽い。予告編もコメディっぽいけど、別にコメディってわけじゃないんだよ。
こんな家族があったことが、恐怖。家族だからどうしようもない部分もあるのだろう。

一番驚いたのは、アルキメデス・プッチオが刑務所で司法の勉強をして弁護士になったってこと。
もうちょっと短くまとめてくれたらいいねんけどね。ちょっと長かったかな。

KIMG0074.jpg
映画館に行くとよく新宿タイガーを見かける。




映画館で観た洋画

グランドイリュージョン 見破られたトリック

#グランドイリュージョン2

おとぼけエニッシーさん(@otobokesandayo)が投稿した写真 -




はい。今年16本目です。
前作のグランドイリュージョンの続編。だから1作目は見たほうが良い。
アイラ・フィッシャーが妊娠のため降板というのが残念である。
今回もまあまあ面白い。1作目ほどはいかないが面白い。
チップを盗むとき、マニピュレーションとシューティングでうまく隠すのがなかなか楽しい。絶対あんなふうにできないだろうけど。
マカオのマジックショップでサナダ・ギミック注文してるけど、どこに使うねん。サナダギミックが何たるか知らない人のほうが多いだろうけど。
ただね~。もうマジシャンというより魔法使いの域なんだよ。絶対不可能だろうと思われることもあったり。
トリックの主要な部分が催眠術とかやめてほしいね。

一番わからないのは、盗んだチップは本物だったのか?偽物だったのか?
そもそもそんなチップが存在しなかったとか?
Blu-rayが出たらもう一度見てみよう。


映画館で観た洋画

ライト・オフ

news_xlarge_LightsOut_201607.jpg

今年15本目。

あらすじ
レベッカはある日、離れて暮らす幼い弟から思いもよらない話を聞かされる。 「電気を消すと、何かが来る。」“それ”は一体何なのか?なぜ彼女たちを襲うのか?やがてレベッカたち家族に隠された恐ろしい秘密が明らかになる時、史上最恐の一夜が幕を開ける―。

電気を消すと現れるなら、ずっと点けとけばいいやん。って、わけにいかないのね。相手は電気を消す力があるんですわ。

可もなく、不可もなく。正直あんまり怖くないんだよね。なんだろう。
horrorになれちゃったかな?

最後に警察がいっぱいくるんだけど、どういう捜査するのだろうか?
最初に来た警官二人が殺されてるから、生き残ったのが犯人扱いだろう?

上映時間が81分しかないからテンポ良くてよいよ。
最近長い映画多いからね。眠くなっちゃうんだよね。

#ライトオフ 見てきました。あんまり怖くない・・・。

おとぼけエニッシーさん(@otobokesandayo)が投稿した写真 -



映画館で観た洋画

ポセイドン・アドベンチャー

今年13本目。 
久しぶりに旧作を見に行く。昔は名画座とかで旧作をよくみたのだが、最近あまり見てないな~。
ポセイドン・アドベンチャーは何度もDVDで観てるのだが、映画館で見るとまったく違う。
やっぱり映画って映画館で見るために作れれてるんだな。DVDはあくまでも二次的に楽しむものなのだと実感。

KIMG0038_201608172056596fa.jpg
今更語ることもないのだが。スーパーファミコンのセプテントリオンはこの映画のオマージュなんですよ。


災害時に人のとる行動は3つのカテゴリーに分かれます。
1、落ち着いて行動できる人=10~15%
2、我を失って泣き叫ぶ人=15%以下
3、ショック状態に陥り呆然として何もできない状態になってしまう人=70~75%

この映画で落ち着いて行動していたのが、ジーン・ハックマン演じる牧師さんです。
最初の転覆で動かずにひたすら助けをまって死んじゃう人たちってのが、正常性バイアスと多数派同調バイアスが働いたのでしょう。
記憶に新しい東日本大震災でも逃げずに津波に巻き込まれた人がなんと多いことか。
みんな自分だけは死なないって思ってるんだよね。
自分で気づいて考えて動くことだけが生き延びる道なんですよ。

あと、誰かを助けようとして自分が死んじゃうってパターン。
でも映画だとこれが感動的なシーンになるんですけどね。

正解が分からないのに、自分で考えて行動するのって難しいわな。

美しき、シェリー・ウィンタース。
suintars-0.jpg
すっかりおばちゃんになったね。
img_1_20160817212503835.jpg



映画館で観た洋画

ダーク・プレイス



今年11本目だっけ?
なんか最近映画よく見てる気が・・・。でも高校のころはもっと見てた。東京に来たころは1日に4件の映画館回ったことあったな。
そんなこんなでこの映画、予告編が面白そうだったんだけど。ちょっとというか、かなり想像と違っていた。
なんか全体的に地味・・・。それはそれでよいんだけど暗いねん。まあダークってタイトルだから当然か。

一家惨殺事件の生き残りであるリビーが寄付金で生活してたんだけど、お金が底をついてくるわけだ。もう大人なのに仕事しないで生きていこうとするダメ人間っぷりがとてもよい。もっと面白くなりそうな設定なんだけど。なんか残念だったな。
まあ、クロエがでてたので私はそれで満足です。

あの「グランド・イリュージョン」の続編が上映されますよ。早速前売り券を買う。
前売り券にはなんとトランプと解説書がつくのです。このトランプがまた品質がよくない。ギミックデックかとおもいきや、レギュラーデックでした。簡単なマジックの解説がついています。

映画館で観た洋画

エクス・マキナ

今年10本目です。なんか最近見たい映画いっぱいあるねんな。あとROOMも見たいねんけど。たぶんスルーかな。
それはさておき、エクス・マキナ。これ面白いです。
地味な映画なんですよ。4人しか出てこない。厳密に言うともう少しでてるんだけど、ほとんど4人だけなんですよ。
これが下手なホラー映画より怖い。自分がロボットなんじゃないかと疑って切るシーンとか。痛いねん。
最後にナイフで刺すシーンとか。スルッと刺さるのよ。ロボットだから力強いのか。ものすごく無機質な映画なんですよ。
よくわかんないね。脚本がしっかりしてるから飽きることなく見れます。
ぜひ見ていただきたい。
最近大作映画よくみてたけど、こういう地味だけど面白いのっていいよね。


映画館で観た洋画

southpaw サウスポオー

サウスポー チラシ

今年8本目

仕事の終わりにちょっと映画でも。一番前の席しかとれなかった。ちょっと近すぎかな。
感動率92.1パーセントってちょっとハードルあげすぎじゃないだろうか?この宣伝がなかったら見に行かなかったから、宣伝効果はあっただろう。

ストーリーはシンプルでわかりやすい。もう展開が完全に読めるような。最後も予想通りの結末。だから安心して見れる作品だろう。最後のファイトシーンでドスンという低音で自分が殴れれてるような錯覚になるのは結構斬新だった。

ロッキー・シリーズだと最後にビルコンティの曲がかかるからめっちゃ盛り上がるわけよ。ロッキーと比べちゃうと盛り上がりに欠けるんだよね。期待しすぎたせいか泣くこともなかった。



話は変わるが、ロッキーのパロディ映画でリッキー1という映画があったのはご存知だろうか?ロッキー1のパロディなのだが、なぜか製作が85年。いやいやこれがまたとてつもなくつまらない。
中古ビデオ屋を回って何とか入手したが、結局途中までしかみていない。

ボクシング映画は何でも感動するってわけじゃないんですよ。




Watch ricky.mpg in エンターテイメント  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

このカテゴリーに該当する記事はありません。