独楽曲芸師の日常

漂えど沈まず・・・無名で有名な曲藝師の本音です。
MENU
芸のこと全般

ウケるウケないがそれほど重要なのか?

大道芸の人としゃべってると、とにかく、ウケるかウケないかって話になるんだけど。
かくいう私も「ウケますか?」なんて愚かな質問をしたことがあるんだけど。
誰がやってもウケるような芸なんてどうでもいいのではないだろうか。

さて、とあるバルーンパフォーマーの話。
風船の早作りをするというネタ。
3人の子供に風船をわたし、一気に作るというネタ。
当初は全然ウケてなかったので、それに時間を加える。
1分間で3人に作る。
ストップウォッチを渡すなり、1分の曲を流すなりするわけですが。
そうすると若干ウケが良くなる。
それをずっと続けてると、ある時4人目の子供が出てきた。
時間的に絶対に間に合わないが、やるしかない。
その結果、4人目の子供に「ミミズ」といってそのまま渡したらバカウケ。

ウケるウケないより自分がそのネタを好きかどうかのほうが重要。ウケないネタもウケるネタに変わることは良くあること。
その反面ウケてたネタがウケなくなることもあるんだよね。なんでだろうね?

さてさて、ウケるって一言で言ってもどういうことなんだろう?
拍手がくる、歓声が起きる、笑いが起きる、ため息が漏れる、とまあ何らかのリアクションが起きることだろう。
ところがだ、見入ってる時って反応することすら忘れちゃうんだよね。
だから、リアクションをもらうには演出上のテクニックが必要になるわけ。
細かい部分で演技が変わってきたりするんだよね。それってみてるだけだと気が付かないけど、そういう小さいことの積み重ねでクオリティが変わるんだろうね。

大道芸やってると同じようなネタやる人が多くなるんだけど、やっぱ人によって違うんだよね。
コーラ缶の復活とか、近年まれにみる傑作奇術だけど準備が面倒でしょ。ところがだ、ショーの最中に準備しちゃう兵もいるんだよね。そういうのもやり続けたから、より楽にセットできる方法を思いついたのだろうし。
0160000015752.jpg

安易に結論を出すべきじゃないだろう。

芸のこと全般

火を食べる。。。

Labyのアドバイスにより、ボールとクラブを練習しようと思ったら、ボール持っていくの忘れてた。
ビデオカメラも忘れた。とりあえずクラブだけ練習しよう。
ボールは家でもできる・・・。自宅だと最近あまり集中できないんだよね。
それにジャグリング始めたころの熱意はない。だから上達も遅いんだね。

朝ごはんにタマゴ1個とアボカド半分。
練習するとお腹がすく。
お昼にはゴジラの肝を食す。

#lunch #fireeating

おとぼけエニッシーさん(@otobokesandayo)がシェアした投稿 -


これをマジックというのかどうかわからないけどね。原案はこの後火吹きにつなげるのよ。煙草が必要なので今回はやってないけど。大した火吹きじゃないから迫力はないけどね。
それにゴジラって火をはくわけじゃないんだわ。ゴジラの熱線ってチェレンコフ光だから青白い。
赤い熱線はゴジラVSデストロイアのときだけかな。マニアックだね。

f05ab4d871e8e9807356313d38c0bee5.jpg

芸のこと全般

弘法は筆を選ぶ

平安時代初期の空海・橘逸勢・嵯峨天皇の3人が最も有名な「三筆」と言われていますが、嵯峨天皇は書以外にも博学な空海を師として仰いでいました。

空海が嵯峨天皇に、書体に併せて使い分けるようにと、4本の筆を贈ったというエピソードを聞くと、皇太子さまは「(『弘法筆を選ばず』という)ことわざとは違うんですね」と話され、周囲に笑いが広がった。


地方に行くとき、道具いっぱい持っていくの大変でしょ。だからジャグラー同士で道具シェアすりゃいいんだよ。
いやいや、同じ道具でも使ってるメーカーとか違うと使い勝手が全然違うんだよね。
私のように大した技術を必要としない人ならいいけどね。難しい技やる人は人の道具じゃ使えない。

それに私、RENEGADEのクラブとかフィネスディアボロとか少数派なんだよね。(*´∀`)RENEGADEのディアボロはもう使ってないけどね……(-。-) ボソッ
だからシェアするの難しいよね。
一輪車も大抵の人は20インチだから私全然乗れない。
結局自分の道具は自分で持っていくしかないんだよね。
別に自分から進んで少数派になってるわけではない。各メーカーのあらゆる道具を使って最終的に行き着いたものがたまたまほかの人とちょっと違ってただけ。

「我ながら自分の才能が怖い」って言ったら羨ましがられたりしたら大いに困る。謙遜してるつもりだったけど、相手はそう受け取ってくれないみたいね。
才能あるなんて思ったことは一度もないし、誰でもできることをやってると思っている。
出来ないのは単純サボってるだけ。

芸のこと全般

買っただけじゃ、自分のものじゃない。


車を買っただけだとそれはまだ自分のものになっていない。何度も修理して手を加えてようやく自分のものになる。
スティーブン・キングのクージョにそんなようなことが書かれていた。

マジックって演技を金で買えるんだけど、買ったものをそのままやったらそれはまだ自分の演技じゃないんだな。自分なりに手を加えていって、ようやく自分の演技になるんだな~、。
マジックに限らずだけとね。

道具を買って、それを活かす技術を身に付けて、自分なりの演出を加えて披露して。
繰り返し披露して免疫をつける。
マジックやる人ってあまり練習しないんだよね。自分も含め、多少できるようになるとすぐに人前でやっちゃうのよ。
ぎこちなくてもなんとなく現象が成立しちゃうから厄介だよね。
(*´∀`)



未分類

今更だがツイッターをやろうかと思ったが、やっぱ面倒だな。

去年静岡で見たという人に話しかけられた。
ずいぶんと芸が違うので驚いた模様。
逆に普段の大道芸を見てる人が和物の芸をみるとそれはそれで違和感を感じるらしい。
昔の小生を知ってる人は乗り物をやってるのが変な感じがするらしい。
時間とともに芸は変化していうからしょうがないよね。
ずっと同じ道具を練習し続けてる人ってすごいと思う。
何故面白くなくなるかって、ある段階から全然上達しなくなるから。新しいことをどんどんやるほうがはるかに簡単。
( ´△`)アァ- だからすべて中途半端なんだ。


ツイッターをやってるかどうか聞かれることがあるんだけどさ。以前登録したことはあるけどすぐにやめちゃった。
フェイスブックも煩わしくなってほとんどやっていない。
ブログって更新情報流れないでしょ。だからツイッターとかFacebookに連携させとけば便利かな~。
なんて一瞬だけ思った。
小生のようにRSSリーダー使ってる人ってすごく少ないらしい。いちいち更新されてるかどうかわからないブログを見に行くのは無駄だからね。
FACEBOOKもタイムラインに大量に記事が流れるから、本当に読みたい人の分だけはRSSリーダーに登録しておく。そうすれば未読がすぐわかる。
便利なのになぜみんな使わないんだろうね?いろいろ理由があれどRSSリーダーの認知度が低すぎるんだよね。

芸のこと全般

自分=客

世の中には酔狂な人もいて、私の過去のビデオが見たいとか言われました。
ネット上にいっぱいアップしてるんだけど、今の時代に携帯すら持たない人もいるんだよね。
自分でも整理しきれないぐらい大量にあるんだけど、いくつか見てみると結構面白い。
こんなことやってたっけ?ってものも結構ある。
やってた本人が覚えてないんだから、ライブで見ただけの人なんて絶対に覚えてないだろう。

ショーを終えた直後に自分のビデオを見ると、体感してる部分と客観的な部分でギャップが大きくなかなか冷静ではいられないが、何年もたった映像は冷静に見れる。

昔、友達の芸人さんが言ってたけど、「初めて自分のショーをビデオで見たときは嫌でしょうがなかった。4~5回見てるとだんだん冷静になって笑いながら見てた」って。
これって当たり前なんだよね。パフォーマーって表現する立場であると同時に、自分が一番見たいものを作るという客の視点もあるわけで。
だから自分のショーって自分自身が一番好きなはず。そうでないならおかしいよね。

自分の視点に共感できる人と、なんだかよくわからないけど面白いと思う人が見てくれればいいのさ。

さて、過去の映像にロープマジックの練習が残ってた。

いまやれと言われても出来ない。まったく手順を覚えていない。
でも改めてみると結構面白いな~。

これはリチャード・サンダースのファイバーオプティクスです。


旅行

丸いポストのある風景


昔はこういうポストが主流だったんだけどね。いつの間にか減ったね。
しかーし、日本ってほとんどが田舎だから探せば結構残ってるみたいね。
四角のほうが30%容量が多いのよ。そんでもって今の四角のポストって中に袋入ってるから回収が楽。




ちなみにうちの田舎は黒い四角のポストです。o(*^▽^*)oあはっ♪